インターネット回線を導入しての我が家の変遷とこれからの生活

インターネット回線を導入しての我が家の変遷とこれからの生活

我が家にインターネット回線を引いてから、もう18年以上になる。最初にインターネット回線を導入した時は有線で、1回線でパソコン1台しかインターネットを使用することができなかった。

私は、東京で一人暮らしをしていたため、まだパソコンを所持していなかった。その当時、私は大学の研究室や情報処理室でインターネットを活用していた。実家に帰ったときも、ほとんどインターネットをしていた記憶はない。


それから10年後、通信環境が大幅に向上した。ちょうど、父の退職し、同時にパソコンを購入したいと言ってきた。パソコンを購入するにあたり、有線は嫌で、どうしても無線(Wi-Fi)対応のパソコンにしたいと言った。父のパソコン購入がきっかけで、我が家もWi-Fiルーターを導入することになった。ルーターを購入することで、家の中どこでもインターネットを快適に使用することができるようになった。父の一言がなければ、Wi-Fiを導入していなかったかもしれない。


現在、家族皆がパソコンやタブレットを所持し、Wi-Fiルーターを介して、インターネットで必要な情報を得ながら、生活を送っている。今の時代、Wi-Fiルーターがなかったらと考えると、何か物凄くゾッとし、周囲から取り残されていたかもしれない。


インターネットと言われるようになってから、20年以上が経過する。この20年で、情報技術は大きく変化した。インターネット回線がないと、生活に困難を来たすだろう。それくらい、インターネット回線は大切なものになっているだろう。

タイトルとURLをコピーしました